TAKANO

STAFF VOICE

大手企業よりもベンチャーである当社が良かった理由は?

部署の垣根なく、即断即決で物事が運べる

前職の大手電機メーカーはたくさんの部署や人で成り立つ“完成形”の組織。世界的デザイナーと組んで大型案件に携われるなど貴重な経験もできた一方で、物事を進めるスピードが非常に遅かったですね。各部署との間で何度も会議や書類作成、検討会が繰り返されて、なかなか次の段階に進まない。それでも発売日は決められているので、時には部署同士で責任のなすりつけ合いが起こるなんてことも…。

その点、小さなベンチャーである当社なら部署の垣根とかもなく、即断即決でいろんな物事がどんどん進み。やりたいことが思いっきりできそうだと感じたんです。実際、高野社長は決断がスパーンと早い。あんなに元気でエネルギッシュな若い人が社長というのも、私にとっては新鮮でした。

職場の雰囲気はどう?

前職とは雲泥の差の、あたたかい雰囲気

前職は会社全体がピリピリとした緊張感があったんです。失敗すると責められるプレッシャーの毎日でしたね。同じ会社なのに、事業部や部署が違えばもう他人というか敵にも近い感覚でした。

でもDG TAKANOにはそんな縄張り意識などがなく、家庭的なのが良いところ。誰かがたとえ困ったり失敗したりしても、それを周りで補おうというあたたかい雰囲気があって好きですね。

入社して一番良かったことは?

メーカーとして大切な製造や品質管理を任された

もともと商品及びデザイン開発担当で入社しましたが、いざ現場に入ると課題がいろいろ見えてきました。商品デザインをするのに、まずはバブル90の製品自体について知ろうと組立作業を手伝ったのですが、少人数で行っていたことから部品の保管方法はもちろん、組立手順も系統的に確立されていませんでした。これからさらに飛躍的に売上が伸びる前に、メーカーとして製造管理、品質管理や安全性についてしっかりと取り組む必要があると思いました。

前職では現場での品質管理、安全性についても知識として持っていて、小さなベンチャーの中で他に専任でできる人がいないのもあり、現場での業務を任せてもらうことになりました。

仕事のやりがい・面白さについて

工場整備、製造管理、英語での指導と、毎日が充実

私自身はもちろん誰が見てもわかるように必要な部品の整理整頓や、組立や検査手順マニュアルの整備を手始めにしていきました。部品の種類ごとに、その部品の写真を貼った箱に詰めて収納したり、部品の管理表や組立手順マニュアルを写真付きで作成したりと、工場内の整備や製造管理に奔走しています。

また、より安定した品質を追求しようと、一つひとつの部品ができあがったときから何段階にもわたり全数検査を徹底させました。精密な部品は天候などちょっとしたことでも伸縮する場合があり、基準をクリアした品質の高い製品をお客様へ届けるための品質管理が、メーカーとして非常に大切です。最近若い人たちが現場にも増えてきていますが、こうした体制や検査基準などを設けることで、業務上でも効率的になってきていると感じています。

また現在、フィリピンのセブ島から研修生が来ているので、英語による各種マニュアル作りはもちろん、実際の指導も英語で行っています。学校を卒業して以来英語を使う機会がなかったので、最初は単語を思い出すのにも苦労しましたが、持ち前の「やればできないことはない」の気持ちで日々取り組むことで、今では彼女たちとのコミュニケーションもスムーズですよ。

嬉しかったエピソード

毎日元気に会社に来られて、やりたいことができる

68歳になりましたが、毎日元気に会社に来られていること自体がうれしいですね。しかも、現場や品質の改良のためにやるべきことがまだまだあるから、ほんとに一日があっという間に過ぎていきます。

自分が成功も失敗も含めて得てきた経験を実際に現場に落とし込んで実行した結果、その通りに体現できたときにやりがいをすごく感じます。経験してなかったら提案もできないですから。

あなたから見て、DG TAKANOってどんな会社?

友人たちにもすごい会社だと堂々と言える

伸びしろが大きく、これからさらに成長する会社で将来が楽しみですね。高野社長は野心旺盛で常に前向き、そして開発好きで新たな商品を作りたい想いがとても強い青年です。とにかくズバ抜けた商品力があるから、友人たちにもこんな会社で働いているって堂々と言える。目利きの鋭い前職の元同僚も、バブル90はすごいと感心していますよ。

1年後、DG TAKANOをどうしていきたい?

ますますの売上拡大に備えた生産体制を

早く安定した品質で大量に生産できる状況にしたいですね。商品が今後ますます売れるときに備えて、人やモノ、機械やシステムなどの面での体制づくりが急務です。そのためにも切削機械のプログラミングや製造現場管理の経験を持ち、リーダーシップのある若い人にぜひ入社して欲しいですね。

未来のあるこの会社であなたの能力を大いに発揮して、一緒に世界へとはばたきませんか?普通の会社にいたら、自分自身が埋もれてしまうと思うんですよ。

そうやって現場が整いだしたら、本来の商品開発やデザインの仕事に打ち込みたいですね。

仕事の後、オフの日の過ごし方は?

料理、記念品制作…オフでもものづくりが好き

仕事中心の生活で、日中は仕事に専念できるように掃除、料理、洗濯はまめにやります。大きく成長した観葉植物たちへの水やりも日課です。お寺や城を巡るのが好きなんですが、大阪城公園が一望できるところに住めているのは最高に幸せです。

自分にできそうだと思うことは、何でも曲がりなりにも器用にやってしまう方ですね。たとえば料理ではきゅうりを薄く早く切るのが得意ですし、デミグラスハンバーグは肉をこねるところから始めて、ソースも自分で手作りします。自宅に人を呼ぶのも好きで、よくホームパーティーを開いたりしますよ。また、オリジナルデザインで記念品を作って、サプライズで人にプレゼントすることも。基本的に、自分の作ったもので人に喜んでもらいたいという気持ちが、仕事でもプライベートでも強いんでしょうね。

プロフィール

氏名 T.E
所属 開発担当
勤務地 大阪本社
仕事内容を具体的に ・商品開発、デザイン開発
・製造管理、工場整備、組立指導、教育育成、部品と製品の在庫管理、受発注業務
入社年月日 2014年11月
趣味 ゴルフ、ソフトボール(ファースト)、美術鑑賞、料理
あなたの性格 明朗快活
動物占い たぬき


  • 鶏むね肉を使って3日かけて作りあげた自家製ハム。パーティーでも好評でした!


  • 甲冑が好きで、1年かけて分冊雑誌のパーツを組み立てて完成させました。


  • 自分でデザインしたペアグラスを友人へサプライズプレゼント。
CONTACT
CONTACT