TAKANO

STAFF VOICE

DG SALES / 営業部長

節水製品へのトラウマを、「バブル90」で消し去りたい

当社は、別部門で飲食業を展開しています。つまり、「バブル90」としては、エンドユーザーという立場でした。飲食店の多くが、バックヤードの蛇口に節水コマをつけていますが、費用対効果が芳しくなかったり、なかには導入したことで作業効率が下がったりと、節水製品への根強いトラウマがあるのも事実です。そうしたバックヤードの思いを知っているからこそ、飲食部門で「バブル90」をトライアルしたときの驚きと実感は、並々ならぬものがありました。販売会社として、あのとき感じた思いを共有してもらうには、とにかく展示会で実際に「バブル90」の使用感を知ってもらうのがいちばんだということで、展示会では、お客様を引き込む実際にデモンストレーションをご覧いただくスタイルをとっています。ご覧頂いた多くの方が、驚きと強い関心を持ってくださり、テスト検証の導入に積極的です。

国内の地方エリアも網羅して、最終目標は海外進出

「バブル90」をはじめ、DG TAKANOの商品を扱うことで、私自身、これまで接点のなかった大手スーパーさまや飲食店さまと出会うことができました。そうした出会いを通じて自分自身も勉強になることが多いですし、またお客様に感謝されることもあり、大きな喜びとやりがいを感じています。

北海道、名古屋、九州など、地方にはまだまだ「バブル90」をご存知ない方がいらっしゃるので、東京・大阪エリアを成熟させて、早く地方に発信したいですね。最終目標は、やはり海外。水が少ない国に使ってもらうためにも、日本でしっかり実績を作っていきたいと思っています。

CONTACT
CONTACT